RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
平成23年度版 宅建最重要問題集 小野 一輝

平成23年度版 宅建最重要問題集 

平成23年度版 宅建最重要問題集 



下記より購入しカンタンなレビューを送るだけで最大3000円安くなります!
平成23年度版 宅建最重要問題集





みなさん、何故宅建に合格出来ないと思いますか?
覚えることが多すぎるから。
民法がむずかしすぎるから。
年々、問題がむずかしくなっているから。
勉強する時間がないから。
 
 

確かに、それらの理由もあります。
ただし、本質的に重要なことが抜けています。
気づいていない方は多いのですが、答えはシンプルです。
「テストに出る可能性の高い問題」が、「頭に入っていない」からです。
つまり、合格出来ない理由は、以下の2点。
 
テストに出る可能性の高い問題が何かを分かっていない
勉強しても、頭に入っていない。
 
 

この2点に勉強の焦点を当てないと、合格を運まかせにしてしまい、
何度挑戦しても、合格出来ないのです。
勉強が「出来る」「出来ない」何て、まったく関係御座いません。
中卒であろうが、勉強時間が一日30分しか取れない人であろうが、
誰でも受かります。

情報商材レビュー


 
わたしは平成22年度の宅地建物取引主任者資格試験
(宅建試験)に合格致しました。

わたしも最初は勉強の仕方が分からなかったのですが、
問題点を認識し、克服する事で、
見事に大逆転、合格する事できました。

勉強の仕方が分からないわたしですら、
合格できたのですから、
誰でも合格出来るはずです。
わたしは、2008年10月から2009年6月までの約9ヶ月間、
市販のテキストと問題集を勉強していました。
そして、6月に過去問を2年分解いてみました。
9ヶ月間、殆どの科目について勉強したのだから、
悪くても30点くらいだろうと思っていました。
しかし、結果は10点台・・・・。
「えっ! どうしよう?・・・・」。
「あと4ヶ月しかないのに・・・」。
と思い、どうすれば合格出来るのかを真剣に考えました。
そこで考えたのが、
問題を解くだけで、覚えられるような問題集があれば、
今からでも間に合うかもしれないと言う事。
考えながら、つまり頭を使いながら勉強出来る問題集を考案しました。
○×式の問題だと、その問題が「正解か不正解か」にしか焦点がいきません。

しかし、頭を使いながら勉強出来る問題集、
つまり問題を解くことで、必然的に考えなければ解けない問題集であれば、
知識を頭に入れることが出来る!

その結果、7月半ばから残り3ヶ月で合格を果たしたのです。
それは、どういった問題集でしょうか?

 

宅建最重要問題集【平成23年度版】
ページ解説
(問い)民法
成年被後見人が成年後見人の同意を得ずに行った土地の売買契約は、有効か、それとも無効か。

(解答)
成年後見人のした法律行為(契約)は有効であるが、取消すことが出来る。制限行為能力者がした契約そのものは意思の欠缺はないので有効。

実はこの問題は非常に重要です。殆どの方が「無効」と答えるんです。
何故なら、よくある問題集の問いは「成年被後見人が成年後見人の同意を得ずに行った土地の売買契約は取消すことが出来るか?」という問いです。この問題では「取消し」と「無効」という重要な点に焦点が行かず、覚えなければいけない部分を、覚えずに終わってしまうのです。
(問い)宅建業法
案内所において、「従業者名簿の備付け」「帳簿の備付け」「標識の掲示」「報酬額の掲示」は必要か。

(解答)
標識の掲示のみ必要。

よくある問題集の問いは「案内所において、従業者名簿の備付けならないか?」答えは×です。
殆どの方は解けると思いますが、しかし、この問題だと従業者名簿の備付けは必要ないことしか覚えられないんです。 同時に「帳簿の備付け」「標識の掲示」「報酬額の掲示」等はどうか、結局、案内所には何が必要なのかを覚えなければ、 「案内所において、報酬額の掲示をしなけならないか」という似たような問題の時に迷って結局、間違うのがオチなんです。 
問題に対する質問や勉強の仕方等、宅建の勉強に関する事は、
購入後の1年間何度でも、ご相談頂けるメールサポートです。
2日以内には、メールでご解答致します。
※ 購入後1年間、回数無制限でメールサポート致します。
 
本問題集は、覚えなければならない重要な部分を重点的に記述してあります。
それゆえ、覚え無くてもよい部分は記述していません。

しかし「解説が必要だ」「もっと詳しく教えてほしい」といった
お客様の要望がある場合は、メールでなんでも解説致します。
 
 
法改正による問題の追加をして欲しい方には、
ご連絡を頂ければ、その部分の問題を追加してお渡しします。
 

短期間で電験3種に合格する方法〜1冊の問題集で4ヶ月間で合格〜 1日で危険物取扱者免状乙種第4類に合格出来た記憶アップ法 マインドマップ資格試験勉強法7デイズパーフェクトマスタープログラム 二級建築士。簡単合格法 一級土木施工管理技士速習経験記述講座 日商簿記検定2級短期合格DVD講座 宅建試験にわずか60日で合格する“山田式勉強法”


 
三国 茂樹(経営コンサルタント)

わたしは仕事をしながら独学で宅建試験の合格を目指していたため、学生程多くの勉強時間を取れませんでした。勉強法としては、テキストを徹底的に記憶し、問題集でその習熟度を確認するという方法をとっていました。

問題集はテキストを基に作られていたため、結構スラスラと解くことができました。しかし、いざ受験1ヶ月前になった時に過去問集を解いてみると、15点しか取れず・・・。

このままではまずいと思いながらも、上手く過去問に対応する事ができずに受験を迎え、1度目の受験は不合格に終わりました。

今にして思うと、問題集を解いている時も『この問題の答えは3だったな。正解、次。』みたいに、深く考えていないこともありました。学んだつもりでも、内容を上手く理解していないようでした。 また、出題される問題の傾向も理解しておらず、ただテキストを読むことが多かったのです。

来年の試験に向けてインターネットで勉強法を探していた所、この「宅建最重要問題集」が目に留まりました。わたしにとって痛い所をつく内容が書かれていたため、これしかない!と思い直ぐに購入しました。

この問題集を使い始めて3ヶ月ですが、今までと違い、記憶が深くなっているのを感じます。値段が安かったことから、軽い気持ちで注文したものでしたが、次の受験ではきっと合格できそうな気がします。


 

author:h23takken, category:平成23年度版 宅建最重要問題集, 14:48
-, -, - -